[PR]

 岐阜県飛驒地方を中心に降った大雨の影響で飛驒川の水質が悪化し、県は29日、同県可茂地域に水道水を供給している県営山之上浄水場(美濃加茂市)の運転を停止したと発表した。美濃加茂市内では、市の浄水場も運転を停止しており、すでに一部で上水道の断水がおきている。今後、同市に加え、坂祝町、富加町、川辺町の約2万7千戸(約8万人)に断水が拡大するおそれがあるという。

 県水道企業課によると、同日午前4時に運転を停止したという。現在、近隣の浄水場からバックアップの給水を始めているが、すべての水量を賄うことはできない見通し。山之上浄水場の運転再開のめどはたっていない。

 美濃加茂市では、29日正午現在、同市の半数近くにあたる1万889世帯で断水しており、8カ所に応急給水所を設置した。

 市によると、午前8時から下米田地区が完全断水となり、同11時からは中心部の太田・古井地区も断水した。市の森山浄水場が取水停止になったためという。復旧のめどは立っていない。(室田賢、松下和彦)