[PR]

 日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、チーム活動を休止していた日大アメフト部が29日、約1カ月半ぶりに全体練習を再開した。午後6時ごろから個別練習を含めて約2時間、東京都世田谷区のグラウンドで、部員約100人がランニングをするなどして体を動かした。選手の一人は「いい雰囲気でできた。主体性を持ってやれた」と話した。内田正人前監督らが辞任して監督やコーチが不在のため、OBらが練習を見守ったという。

 選手たちは5月中旬から全体練習を休止し、自主練習を続けていた。全体練習再開に備え、27日には関東学生連盟が推奨するスポーツマンシップセミナーを選手全員が受講した。(浅野有美

こんなニュースも