[PR]

 富山市の交番が襲撃され、警察官と警備員が殺害された事件は、なぜ起きたのか。逮捕された21歳の元自衛官の生い立ちと、当日の足取りをたどりながら、事件の闇を探った。

 1枚の写真がある。

 3年前の春、富山県立山町の「広報たてやま」で紹介された「自衛隊入隊予定者を激励」の記事。2015年3月に町長室で開かれた、入隊予定者の激励会を伝えていた。2人の青年が町長と向き合っている。

 同席した関係者によると、「頑張れよ」と声をかけると、青年の一人はにっこりと笑い、はいとうなずいた。それが、当時18歳の島津慧大(けいた)容疑者だった。

 生まれ育った立山町は富山市に隣接し、人口約2万6千人。田畑が広がる平野に立つ家の背後には立山連峰がそびえる。一家を知る人によると、両親と姉の4人家族。20年ほど前に家を建てて引っ越してきた。

 小学5年生のときの文集が残る…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら