[PR]

 夏本番を迎え、熱中症で救急搬送される人が増加傾向にあり、東京消防庁が注意を呼びかけている。

 同庁によると、最高気温が25度にとどまった6日の6人を除き、7月に入ってからは搬送される人が連日2桁に。10日には一日で106人が運ばれた。

 同庁によると救急搬送した人の数は例年、梅雨明け以降に伸びる。過去5年間、6~9月には約2800~約4900人を運んでいる。高齢者の割合が高いといい、同庁は、高齢者は暑さを感じにくく、冷房の利用を控える傾向があるなどと説明している。

 駐車中の車に残された2歳以下…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら