[PR]

 ペットの犬が死んだのは適切な診断が行われなかったためとして、飼い主の福岡市の女性(63)が同市の獣医師に180万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が29日、福岡地裁であった。倉沢守春裁判官は「血液検査などを行い、病気が判明すれば死を避けられた」として、慰謝料など約59万円の支払いを命じた。

 判決によると、女性が飼っていたのは8歳のメスの秋田犬。2014年5月14日~7月18日、陰部の出血などから福岡市の動物病院で受診し、「膀胱(ぼうこう)炎」と診断された。14年7月29日に別の救急動物病院で死んだ。

 判決は、犬が子宮蓄膿(ちくのう)症に起因する腹膜炎を発症したと認め、獣医師には遅くとも7月18日に子宮蓄膿症かどうかを診断する義務があったと指摘。「血液検査などを行わず、経過観察にとどめたことは診断の義務に違反した」と判断した。

 その上で、「女性はショックで昼間に外に出られなくなるなど小さくない精神的損害を被った」として、獣医師側に慰謝料40万円と治療費約15万円、葬儀費用3万8千円の支払いを命じた。

 女性は判決後に記者会見し、「夫婦には子供がいなくて、犬が家族の中心にいた。愛犬の価値としては(金額は)軽いが、責任を認めてもらえたのはうれしい」と話した。(一條優太)