【動画】竜巻とみられる突風 車中からの映像 滋賀・米原=読者提供
[PR]

 29日午後1時40分ごろ、滋賀県米原市で突風が発生した。県や市などによると、市内で男女8人が軽いけがをし、午後6時半現在で建物85棟の被害が確認されたという。彦根地方気象台は同日、竜巻と推定したと発表した。

 被害が確認されたのは、朝日、北方、夫馬(ぶま)、グリーンヒルズ朝日の4地区。建物の屋根が飛んだり、ガラスが割れたりしたほか、電柱や樹木が倒れた。30~80代の地区住人5人が割れたガラスや倒木などで負傷。地区内にある県立伊吹高校で、生徒ら3人が風にあおられて転倒したり、飛んできた物に当たったりしてけがをしたという。

 また、標識が倒れるなどして県道が一部通行止めになり、米原市内で約360戸が一時停電した。彦根地方気象台は午後1時51分、県北部に竜巻注意情報を出した。

 米原市朝日の大橋美佐代さん(80)宅は、木造2階建ての屋根が全て吹き飛んだ。1階の寝室にいたという大橋さんは「ガラスの破片が寝室に吹き込んできて部屋中に舞い上がった。怖かった」と話した。

 大阪管区気象台によると、29日は日本海側の梅雨前線に太平洋側から湿った空気が流れ込み、西日本で大気が不安定になった。滋賀県では局所的に積乱雲が発達し、強く吹き上げる風が起きたという。強い風は福井県や和歌山県でも吹き、四国や九州の一部地域も大雨になった。

 大気が不安定な状態は30日も続く見込み。小林文明・防衛大学校教授(気象学)は「今後も前線周辺では、内陸か海沿いかに関わらず幅広い地域で突風への注意が必要だ」としている。

【動画】突風、電柱倒れ家屋に被害も 滋賀・米原=ABC TV提供
関連ニュース