[PR]

 発祥から777年の歴史がある博多祇園山笠(7月1~15日)にはいくつかタブーがある。その一つが、祭り期間中にキュウリを食べてはいけないという風習だ。学校給食の献立からキュウリが消え、この季節ならではの冷麺もキュウリ抜きの「博多バージョン」になるらしい。真偽のほどは。そして、なぜ――。

 山笠を奉納する福岡市博多区の櫛田神社。近くにある食堂「再来軒」では、山笠の準備が本格化する6月になると冷麺やポテトサラダからキュウリを抜く。

 店の大将の平田登史典さん(71)は、山笠に出る町の連合体「流(ながれ)」の一つ、西流の責任者を務めたこともある。妻の以知子(いちこ)さん(70)は「山笠に出る常連さんが多いので、祭りが近づくと特にキュウリには気をつけます」と話す。

 学校の給食はど…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら