[PR]

 「日本百名山」の一つ、福島県檜枝岐村の会津駒ケ岳(2133メートル)の山開きが30日行われ、優美な稜線(りょうせん)と湿原の風景に魅せられた多くの登山者が訪れた。頭上に青空が広がる山頂からは、富士山の姿も見ることができた。

 「こんなに富士山がきれいに見えるのは珍しい。昨日の雨で空気がきれいになったおかげかもしれない」。村職員時代からほぼ毎年、山開きに参加している星長一さん(70)は息を弾ませるように話した。正面に大きくそびえる燧ケ岳(ひうちがたけ)(2356メートル)の南側に、薄い色ながら独特の形を確認することができた。

 冷たい雨が降った昨年とは対照的に、この日は眺望スポットとして知られる山小屋「駒の小屋」付近のベンチが混み合い、雪渓の上でおにぎりを食べる人の姿も。檜枝岐歌舞伎を演じる千葉之家花駒座(ちばのやはなこまざ)・前座長として誘客に努めてきた星さんは「人が多いのは良いものだ」と笑顔を見せた。

 会津駒ケ岳では木道の老朽化が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら