【動画】打ち上げ失敗後、公開された射場やロケットの残骸=白井伸洋撮影
[PR]

 元ライブドア社長で実業家の堀江貴文さんが出資する宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)の小型ロケット「MOMO」2号機が30日、北海道大樹町での打ち上げ直後に落下、炎上した。何らかのトラブルでエンジンが停止したと見られる。

 ISTによると、午前5時30分、同町の海岸近くに設けられた射場から打ち上げた直後、機体が地面に落下、炎上した。稲川貴大社長によると、打ち上げの1秒後にエンジンの燃焼圧力が突然3割下がり、4秒後には圧力がゼロになって推力を失って機体が落下、地面にぶつかって爆発した。稲川さんは「多くの期待に応えられず、申し訳ない」と話した。

 MOMOの打ち上げ失敗は2回目。昨年7月の1号機打ち上げは、発射から約1分後に通信が途絶えてエンジンを停止。高度約20キロから海上に落下した。

 2号機の打ち上げは当初4月を予定していたが、直前に機体の窒素ガス漏れが見つかるなどして延期していた。

 堀江さんは会見で「今までにない失敗の形。先が見えない中で、次につなげるにはどうすれば良いかを考えている」と話した。

■世界のロケットは民間…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら