[PR]

 賃貸住宅大手の大東建託の支店が、労使協定で定めた残業時間の上限を超えて社員を働かせたとして6月に労働基準監督署から是正勧告を受けた。積極的な営業攻勢の裏で、営業に駆け回る社員たちはどんな働き方をしていたのだろうか。

 大東建託は、地主らにアパート建築を勧め、一括で借り上げる「サブリース契約」で業績を伸ばしてきた。相続税の節税になる場合があることも追い風に、17年度末に同社が管理する賃貸住宅の戸数は103万6千戸に達し、11年度末から約5割増えた。

 業績を支えるのが積極的な営業だ。同社では午前の飛び込み営業を「初訪」、見込みのありそうな客を訪問することを「再訪」、昼間に会えない客などに夜に接触を試みることを「夜訪」と呼ぶ。社員一人ひとりに社有車が割り当てられ、支店ごとに厳しい業績目標の達成を求められるという。

 神奈川県内の支店で営業を担当…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら