[PR]

 抗がん剤治療などで髪の毛を失ったタイのがん患者たちのために、かつら大手のアデランス(本社・東京)が29日、バンコクにある国立がんセンターなどに医療用のかつらを贈った。

 社会貢献の一環として、2012年から毎年続けている取り組みで、今年は7月にかけて三つの病院に計270個を寄贈する。

 この日、国立がんセンターには120個を贈り、女性の患者らがさっそく着用した。乳がんを患っている女性(50)は、短い髪のかつらを選んだ。「つけることで自信を取り戻せる。この髪形にしたのは軽くて涼しいから。それに、若く見えるでしょ」と笑った。胸などにできた腫瘍(しゅよう)の治療を受けている女性(57)は「このかつらはとても心地いい。家に帰って孫たちに見せたい」と話した。

 同社は1986年にタイに進出し、現在は2カ所の工場で日本やアジア、欧米向けにファッション用、医療用のかつらを製造。バンコクには販売店も年内につくる予定だ。(バンコク=貝瀬秋彦)