[PR]

 日本ボクシング連盟(山根明会長)は30日、日本スポーツ振興センターからの助成金流用や、公式試合での不正な判定を指摘する告発状が日本オリンピック委員会(JOC)などに提出されたことに関して、「事実と異なる部分が多くある」と公式ブログに反論文を掲載した。

 連盟は「このような事態になり、ファン、選手、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪。その上で「一連の報道も、正しい事実関係を反映しているとは言えない」と主張した。しかし具体的な説明については「JOCなどの判断を待って方針、対策を講じる。説明は告発手続きの中で行っていく」としている。

こんなニュースも