[PR]

 米国のドキュメンタリー番組制作チームが、夏の甲子園に出場する花巻東などのチームを密着取材をしている。野球部の細かい礼儀や応援活動を通して日本の文化を伝えるのが狙いだ。

 ニューヨークに拠点を置く映像作家の山崎エマさんらスタッフは、NHKとの共同制作で、今年3月から花巻東のほかに徳島県や神奈川県のチームをまわって撮影している。焦点を当てるのは、野球部員たちのきびきびしたあいさつや時間に対する厳しさなどだ。

 山崎さんは「高校野球は日本的な文化、慣習が詰まっている」と話す。番組は来年春に完成予定で、アメリカの他に韓国やキューバなど野球が盛んな国で放送される見通しだという。

 31日は兵庫県姫路市の球場で、花巻東の選手たちが練習に取り組む風景を撮影した。菅原颯太主将は「海外でも高校野球に注目してもらえたらうれしい」。(加茂謙吾)

関連ニュース