[PR]

 西日本豪雨災害の支援の受け付けなどは、以下の通り。

 【若者専用ボランティアバス】

・NPO法人ワカモノヂカラプロジェクトが8月26日、岡山県倉敷市に向かうボランティアバスを運行する。対象は18~25歳くらいまでの若者で、先着25人を募集。同日午前6時半に神戸・三宮を出発し、午後7時半ごろに帰着する予定で、がれきの撤去や家屋内の片付けなどをする。無料(食費は自己負担)。同NPOは東日本大震災後に関西の学生が中心になって誕生。東日本大震災や熊本地震の復興支援や、子ども向けの防災・減災学習活動などに取り組んでいる。申し込みは、HP(http://wakamono.net/別ウインドウで開きます)。

 【社会保険労務士会の無料相談】

・豪雨被害による休業などの労働、雇用相談や医療保険、年金などの問い合わせに対応する。

広島県社会保険労務士会

 電話082・212・4481。平日午前10時~午後4時。

岡山県社会保険労務士会

 電話086・226・0164。平日午前9時~午後5時。

 【チャリティーランナー募集】

・第36回新潟シティマラソンの実行委は、10月8日の大会に参加する復興支援チャリティーランナーを募集している。8月8日まで。

 大会の参加募集はすでに終了したが、西日本豪雨の被災者を支援するために実施を決めた。マラソン(42・195キロ)とファンラン(11キロ)の2種目で、新潟市のデンカビッグスワンスタジアムをスタートし、信濃川沿いなどを走る。マラソンは9720円の申込料のうち必要経費を除いた9千円を、ファンランは5400円のうち5千円を被災地に贈る。売り上げの一部を支援にあてる「チャリティーTシャツ」の予約販売も予定している。

 問い合わせや申し込みは大会エントリーセンター(03・3407・3257)へ。