[PR]

 「孤独」――。家族や学校、会社、スマートフォンで人とつながっているのに、そう感じることが少なくない。そもそも孤独とは、私たちを自由にするものなのか、それとも病なのか。

「頼る人いない」対策急げ 岡本純子さん(オジサンの孤独研究家)

 孤独は老若男女、日本のあらゆる年代に広がっています。誰にでも訪れる短期的な孤独には耐えることも必要でしょう。しかし、人とのつながりがなく、頼る人がいない恒常的・長期的な孤独を放置してはいけません。孤独は多くの人の精神と身体をむしばみ、社会問題にも関わる、深刻な病の一つなのです。

 私は、これまでに約1千人の社長や企業幹部のコミュニケーションのコーチングをしてきました。その経験から、日本人、特にコミュニケーションが苦手なオジサンは、孤独に陥りやすいと感じてきました。その理由は、日本独自の文化や価値観にあります。

 日本人は一つの会社に長く身を置く傾向があります。会社というムラ社会の内部で重視されるのは、上意下達のタテのコミュニケーション。しかも、内の人との和を大切にしすぎて、望まない人間関係も強いられ、人と関わることに疲れ切ってしまいます。その結果、外の人や異文化とわかり合う努力をしなくなり、フラットなコミュニケーションが苦手になります。

 また、日本では、定期的に集まる教会、市民団体などでの活動などがあまり身近にありません。人と人とのつながりや信頼関係を意味する、ソーシャルキャピタルの充実度のランクは149カ国中101位。先進国で最低です。最近の「1人で十分」「つながりはいらない」という、孤独美化の風潮が、日本人の孤独化を悪化させることを危惧しています。

 引きこもり、介護、貧困、いじめなどの社会問題は、誰ともつながらず、孤独であると深刻化します。様々な事件でも「周囲からの孤立」が背景にある場合が多いのです。

 孤独の悪影響を証明した医学的研究は無数にあります。心疾患リスクを29%上げる。1日たばこを15本吸うことに匹敵する。アルツハイマーになるリスクが2・1倍になる。うつ病やアルコール依存症などの精神的な疾患にもつながります。米国の前公衆衛生局長官は、「病気になる人々の共通した病理は孤独だった」という論文を発表しました。英国は今年1月、孤独担当相を新たに設け、国家として孤独問題に取り組む姿勢を鮮明にしています。

 日本も孤独対策を急がなければ、手遅れになります。教育で、読み書きだけではなく、人との対話の方法を学ぶことも対策の一つになるでしょう。同質の人だけでなく、異なる環境の人とわかり合うコミュニケーション力とコミュニティーを作る力という、二つの「コミュ力」が重要です。「孤独は自分の責任」「家族で責任を持て」ではなく、日本社会全体でこの問題を考えていかなければなりません。急がないと、「一億総引きこもり」の時代が来てしまいます。(聞き手・後藤太輔

    ◇

 67年生まれ。新聞記者などを経て「コミュ力」支援会社社長。著書に「世界一孤独な日本のオジサン」。

SNSで変わる「ひとり」 南後由和さん(社会学者)

 「孤独」は当人の気持ちや立場次第で、肯定的にも否定的にもとらえられる主観的状態です。私はより客観的な「ひとり」という言葉で、都市空間の中の「ひとり」のあり方を研究してきました。

 そもそも都市は、単身者の流入と流出を繰り返し発展してきました。江戸時代には参勤交代の藩士や上方の商人が江戸に集まり、ひとり向けの住居や飲食店が増えました。

 戦後は進学や就職で上京し、単身になるパターンが定着。現在はカプセルホテルやひとりカラオケなど、ひとり向けの空間が膨大に存在します。都市は「ひとり」を集める機能があり、「ひとり空間」の集積は自然のことなのです。

 都市に「ひとり」が多いのは当然なのですが、近年、「孤独」が解決すべき問題として注目され始めました。1995年の阪神・淡路大震災、さらに2011年の東日本大震災で、隣人さえ知らない都市住民の孤立した生活ぶりや、地域コミュニティーの希薄さが明らかになったからです。「絆」や「みんな」が強調されるようになり、「孤独」が問題視されました。

 その間も、都市の単身者は増え続けました。30~40代の独身女性が「おひとりさま」という言葉で消費の主役とされる一方、単身高齢者の孤独死などで、「無縁社会」といった言葉も登場しました。

 単身高齢者の増加は、解決すべき社会問題でしょう。私が現在滞在中のオランダでは、ある高齢者施設で若者を無料で入居させ、世代間の交流を促進しています。

 こうしたなか、SNSで常につながるというテクノロジーの変化が、都市の若者の「ひとり」の意識に変化を与えつつあります。「ひとり」と「みんな」が正反対の状態ではなくなってきたのです。

 例えば、「ぼっち」という言葉を使って学生は「いま、ぼっち授業」などとSNSでよくつぶやきます。教室には大勢の学生がいるのに「ひとりぼっち」と感じるのです。

 彼らはSNSで常に誰かとつながり、一緒にいるのが普通の状態です。友達と一緒ではないと、集団の中でも「ひとり」と感じる。またコンセプトカフェなど一部の場所では、会話するでもなく、趣味を共有する人たちと、「みんな」で「ひとり」を楽しむことも人気を集めています。

 スマートフォンによる「常時接続社会」で、他者とつながり続けたい気持ちと、他者から切り離されたい気持ちがせめぎ合っているのです。

 いまは複数のSNSのアカウントで、属する「みんな」を使い分ける人もいます。「ひとり」と「みんな」は簡単に切り替わり、その間にもグラデーション(濃淡)がある。「孤独」のありようは、SNSごとや個人ごとにさまざまな形を取り始めていると思います。(聞き手・中島鉄郎)

    ◇

 79年生まれ。明治大学准教授。専門は社会学、都市・建築論。著書に「ひとり空間の都市論」など。

深刻にならず、逃げ場だけは作っておく 田中慎弥さん(作家)

 高校を卒業したあと15年近く、33歳で小説家デビューするまで山口県下関市の実家に引きこもり、ひたすら本を読んでいました。大学受験に失敗して進学はせず、就職もせず、外部との接触はほとんどありませんでした。

 1人の生活は別にしんどくはありませんでした。その時のことをよく聞かれるんですよ。「孤独でつらかったですか?」とか。むしろ、しんどくなるのが嫌で、そういう生活をしていたんです。

 高校の頃から、自分は他人とうまくやっていけない人間なんだな、と何となく分かっていました。人とのコミュニケーションにはかなりの覚悟が必要で苦労するな、と。「普通の生き方はできそうにない」と思い、二十歳過ぎから小説を書き始めました。

 1人の効用は、人によって違うと思います。私は引きこもりの時、やりたいことは本を読むことしかなく、読書経験で多くの言葉を自分の中に蓄積できました。結果的にですが、小説を書くとき、この蓄積は意味がありました。

 そもそも、ものを考えるって、1人じゃないと出来ないんじゃないでしょうか。いまは、立ち止まってじっくり考えることが出来にくい時代。常に誰かとつながっていないとダメというのは、奴隷のような状態ではないですか。

 私は、ケータイもネットも使ったことがありません。自宅にあるのは、編集者とのやり取りなどに使うファクス付き固定電話だけです。ただ、SNSの弊害がよく言われますが、人が人とのコミュニケーションで傷つくというのは、SNSがない時代も、いくらでもありました。その時代のコミュニケーションのツールが違っているだけでは。

 何か大きな事件を起こした犯人が「どんなヤツだったんだ?」と調べていくと、「1人ぼっちだった」という話はよくありますね。社会との接点が完全に断たれるのも危険です。しかし、他人とのコミュニケーションがないことを、深刻に考えすぎるのもよくない。双方のバランスをどう取るかは難しいですが、私は引きこもり時代も今も、特に悶々(もんもん)とせずノホホンとしていたので、危ない方には行かなかったんでしょう。

 自分のことを「さみしいヤツ」と自覚するのは情けないことですが、健康に被害がない限り、孤独は「いけないこと」ではありません。

 ただ、極端に孤独で過酷な環境にある人は、いざ何かが起こった時のため、どこかに「逃げ場」を求めて下さい。

 私も小説家になった後、仕事がきつく、何度か命を絶とうとしたことがあります。そんな時は「時間をかけて待つ」ことが必要です。私の場合、歯止めになったのは、やはり本でした。ゲームでも何でもいい。逃げ場は作っておいて下さい。(聞き手・稲垣直人)

    ◇

 72年生まれ。「共喰(ぐ)い」で芥川賞受賞。著書に「燃える家」「宰相A」など。昨年、エッセー「孤独論」を出版。

 

<アピタル:オピニオン・メイン記事>

http://www.asahi.com/apital/forum/opinion/