家族連れに車、父死亡 男児重傷、ヘリ搬送 群馬

[PR]

 31日午後0時10分ごろ、群馬県上野村勝山の路上で、歩いていた太田市宝町の獣医師内山明彦さん(49)と小学2年生の息子(8)が軽乗用車にひかれた。県警によると、その場で内山さんが死亡。息子は頭部などに重傷を負い、ドクターヘリで搬送された。内山さんの妻も一緒だったが、けがはないという。

 藤岡署は、軽乗用車を運転していた上野村新羽のパート従業員飯塚ふさみ容疑者(69)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。容疑を同致死に切り替えて調べる見通し。容疑を認めており、近くにある勤め先の観光施設の管理事務所に戻る途中だったという。

 現場はファミリー向けのキャンプなどができる森林公園「まほーばの森」近くの下り坂。近くに駐車していた車に戻るため、道路の中央付近を並んで歩いていた内山さんらに、後ろから軽乗用車が突っ込んだ。ブレーキ痕はあったという。