ANA欠航、国際線にも拡大 9月以降、5便程度

[PR]

 ANAホールディングス(HD)は31日、7月上旬から国内線の一部で続いている欠航が9月以降、国際線にも拡大すると発表した。10月までの間に国内線10便に加え、国際線5便の計15便程度が欠航し、計600人程度に影響が出る見込みという。路線などの詳細は今後、発表する。

 保有する米ボーイング787型機で、エンジンの点検が必要になっているため。7~8月は国内線の羽田空港発着便を中心に1日平均17・5便が欠航し、約2800人に影響する。