宮城と福島で震度4 津波の心配なし

[PR]

 31日午後5時42分ごろ、福島県沖を震源とする地震があった。宮城県と福島県で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約20キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・4と推定される。この地震による津波の心配はない。

 震度4を観測したのは、宮城県岩沼市東松島市大崎市、色麻町、宮城加美町、涌谷町、福島県相馬市、南相馬市、天栄村、双葉町、新地町。両県のほかに岩手県山形県栃木県新潟県でも震度3を観測した。

     ◇

 東京電力によると、地震発生後、福島第二原発4号機の原子炉建屋地下2階で、床に水が漏れていることを示す警報が鳴ったが、漏れはなかった。福島第一原発では、異常は報告されていないという。