[PR]

 江戸川コナン(名探偵コナン・小学館)、メリオダス(七つの大罪・講談社)、ルフィ(ワンピース・集英社)、中島敦(文豪ストレイドッグス・KADOKAWA)がみんなで「海賊版にノー」――。出版関係9団体でつくる出版広報センターは1日から、各社の人気キャラクターが共演する「STOP! 海賊版」キャンペーンを始めた。同センターによると、海賊版対策として出版社の横断的な取り組みは初めてという。担当者は「映像や音楽に比べて、出版は海賊版対策で業界横断の取り組みが遅れていた。各社の売り上げに大きな影響が出ているので、協力して啓発していきたい」と話す。

 いまは見られない状態になっている「漫画村」などの海賊版サイトは、主に若者の間で大きな支持を集めていた。キャンペーンでは、ツイッター上で人気キャラクターの画像を使い、海賊版を見ないように呼びかけるという。海賊版を見ると、作家に利益が還元されなくなり、漫画文化が衰退する危険性についても訴えていくとしている。

 今後は正規のサイトと海賊版を見分けるため「正規版マーク」の制定を進めるほか、出版社の枠を超えた電子版の創設も検討課題にするという。(加藤勇介)