[PR]

 千葉県は31日、成田空港に空輸された貨物から強い毒を持つ外来種のヒアリ約160匹が見つかったと発表した。国内の空港でヒアリが確認されたのは初めて。国土交通省は同日、国際線が就航する全国の30空港に注意を呼びかけた。

 千葉県によると、ヒアリが見つかったのは米ダラスの空港から7月29日に空輸された工業製品を積んだコンテナの木製敷板。生きたアリ約180匹のうち約160匹がヒアリだった。いずれも働きアリで、女王アリや卵は見つからなかったという。アリはすべて殺虫処理された。