[PR]

 第73期囲碁本因坊戦七番勝負第5局(毎日新聞社主催)が6月30日と7月1日に福島県会津若松市で打たれ、井山裕太本因坊・七冠(29)が挑戦者の山下敬吾九段(39)に228手までで白番中押し勝ちを収め、シリーズ通算4勝1敗で7連覇を果たした。

 本因坊7連覇は坂田栄寿二十三世本因坊と並ぶ歴代3位の記録。トップは趙治勲二十五世本因坊の10連覇。

 井山七冠は昨年10月、名人位を奪還して2度目の囲碁七大タイトル独占を達成。その後王座、天元、棋聖、十段をすべてストレートで防衛している。今期本因坊戦では初戦を落としたものの、その後4連勝の圧倒的な戦績で、七冠堅持は8カ月を超えた。(大出公二)

こんなニュースも