[PR]

 第41回全日本おかあさんコーラス四国支部高知大会(全日本合唱連盟四国支部、県合唱連盟、朝日新聞社主催、キユーピー協賛)が1日、高知市九反田の市文化プラザかるぽーとで開かれ、優秀団体(ひまわり賞)の中から一ツ橋ローズハーモニー(高知市)が県代表に決まった。

 ローズハーモニーの選曲は「横山潤子作品集 同声編1」から「くしゃみザウルス」など。15人がアップテンポなリズムに乗って熱唱した。鍋島佐知子団長(63)は「『孫が喜ぶ曲』を選曲しました。全国大会でも笑顔を忘れずに精いっぱい歌ってきます」と話していた。10団体が参加し、ひまわり賞には他に3団体が選ばれた。

 ローズハーモニーは8月25、26の両日に松山市のひめぎんホールである全日本おかあさんコーラス全国大会に出場する。ローズハーモニーの全国出場は2014年以来の6回目。(堀内要明)

 ▼ひまわり賞 女声合唱団コール・グルッペ、一ツ橋ローズハーモニー、小高坂こすもす(いずれも高知市)、女声合唱団チェリー(佐川町)=出演順