福岡)県内各地で最高気温 サル山ではプール開き

木下広大
[PR]

 福岡県内では1日、各地で今年の最高気温を記録した。福岡管区気象台によると県内14の観測地点のうち、12地点で気温が今年最高だった。うち、糸島市が平年より7・5度高い35・7度、久留米市が6・5度高い35・4度、福岡市中央区でも6・6度高い35・2度だった。県内で35度を超えたのは今年初。台風の影響で南から温かい空気が入り込んだためという。

 福岡市動物園(同市中央区)では1日、サル山のプールに水が張られた。サルたちは水場でじゃれあい、サル山の周りは来園した親子連れでにぎわった。

 プールはサル山の一角にあり、幅4メートル、奥行き1・5メートル、深さ50センチ。午前10時に給水が始まると、好奇心旺盛な若いサルたちが水場で遊び始めた。プールにジャンプして飛び込んだり、水場で水しぶきを上げてじゃれあったりする様は人間と変わらない。福岡市西区の小学3年生、福島結愛(ゆあ)ちゃん(8)は「気持ちよさそう。私もプールに入りたい」。お母さんに促されても「まだ見たい」と手すりにしがみついていた。

 市動物園では5年前から毎年、この時期にプールを開いている。担当飼育員の江崎幸子さん(39)は「今年も夏バテせずに乗り切って欲しい」。プールは9月下旬ごろまで。(木下広大)

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント