【動画】ギネス世界記録を目指してひものを並べる参加者=岡田和彦撮影
[PR]

 沼津ひものの会(加工業者63社)は1日、ギネス世界記録の「最も長い食用魚の列」に挑戦。静岡県沼津市内を流れる狩野川沿いにアジのひもの3287枚を並べ、世界記録に認定された。岐阜県羽島市のサンマ2176匹の記録を破った。

 1千人が材料費100円を払って参加。河川敷の「かのがわ風のテラス」に並べたテーブルの上に、総延長534・31メートルのひものの列を完成させた。

 ギネスワールドレコーズのルールは▽調理されていない生(ひものも可)の食用魚の数で記録▽途切れず一つの列に並べ、魚の端が両隣の魚に触れていて隙間がないとされる。完成したひものの列を審査員が慎重に審査した。

 公式認定員が「並べられた魚の数は3287で、みごと世界記録認定です」と発表すると、参加者から拍手と歓声が湧いた。川崎市から参加した女性は「素晴らしい達成感です。ひものの味も楽しみます」と、3枚ずつ配られたひものを隣接する「沼津ひもの祭」の会場に用意された炭火で焼いていた。(岡田和彦)

関連ニュース