[PR]

 1日午前11時10分ごろ、神戸市中央区の神戸新交通「ポートライナー」で、神戸空港駅を出発した三宮行きの電車(6両編成)が停電し、次の京コンピュータ前駅との間で停止した。電車は自動運転で運転士や車掌はおらず、乗客約200人は神戸空港駅員の誘導で、高さ約17メートルの軌道上を約500メートル歩いて同駅へ引き返した。

 神戸新交通によると、電車に電気を送る軌道上の送電線が破損していたという。この事故で神戸空港―京コンピュータ前間が約3時間半にわたって運転を見合わせ、両駅間は代替バスが運行。約1600人に影響が出た。