【動画】廃校になった小学校の校舎を利用してオープンした団体向け宿泊施設「仲間と泊まる学校 ちょうなん西小」=稲田博一撮影
[PR]

 昨年春に廃校になった千葉県長南町の町立西小学校の校舎が、団体向け宿泊施設「仲間と泊まる学校 ちょうなん西小」に生まれ変わった。オープンを祝う式典と内覧会が1日にあり、卒業生など地域の人たちでにぎわった。

 施設は総合情報サービス業のマイナビ(本社・東京都千代田区)が運営し、企業の研修や学生の合宿、団体旅行などに貸し出す。定員は84人。教室は風呂場や畳敷き、ベッドを置いた客室などになり、職員室はカフェに衣替え。カフェなどは宿泊客以外も使える。

 卒業記念で制作された作品などはそのまま残し、かつての学校の姿を伝えている。選挙の投票所や災害時の避難場所としても地域の人たちが引き続き使えるという。(稲田博一)