[PR]

 徳島県阿南市中林町の北の脇海水浴場で1日、海開き式があった。安全を祈る神事やテープカットの後、地元の見能林幼稚園の園児ら約25人が、歓声を上げて海へ駆け込んだ。

 田渕琴葉ちゃん(5)と尾崎あずさちゃん(6)は「水がザバーンときて楽しかった」と口をそろえた。市商工観光労政課によると、この海水浴場では8月25日まで楽しめるという。

 県は北の脇を含む県内6カ所の海水浴場の水質調査結果を発表した。「特に良好」とされるAAが5カ所、「良好」のAが1カ所。全ての透明度が1メートル以上で、安心して海水浴が楽しめるという。

 各海水浴場の水質と今季の利用者数の見込み(県などによる)は以下の通り。北の脇AA、5万人▽小松(徳島市)A、2万4千人▽田井ノ浜(美波町)AA、1万人▽大砂(海陽町)AA、7千人▽月見ケ丘(松茂町)と淡島(阿南市)いずれもAA、5千人。(佐藤祐生)