[PR]

菅義偉官房長官(発言録)

 (米朝)両首脳が非核化のことで合意したという決定は極めて重い。しかし同時に北朝鮮の数百発の(弾道)ミサイルが日本を射程内に置いていることは事実。政権の最大の責務というのは、国民のみなさんの安全、安心を確保することだ。

 昨年12月に(陸上配備型迎撃ミサイルシステム)イージス・アショアを配置することを閣議決定した。この秋田県も一つの候補地になっている。先般、小野寺(五典・防衛)大臣が知事、市長らに説明をし、そして皆さんから、様々な懸念や要請を受けた。

 配置については、地元のみなさんのご理解をいただくことが大前提である。様々な懸念、要請の一つ一つに対して、何度とも理解していただくことができるように防衛省も誠意をもって一つ一つ対応するよう、私からも強く指示をしている。ぜひ、この問題に対しても、ご理解をいただけるように防衛省にしっかり努力をさせて頂きたい。(自民党秋田県連大会の講演で)