[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で優勝し、2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(23)に2日、国民栄誉賞が贈られた。首相官邸で表彰式があり、安倍晋三首相から表彰状や盾が授与された。個人では最年少の受賞で、フィギュア選手では初めて。

 羽生選手は出身地の仙台市で東日本大震災に遭い、平昌大会前に右足首に大きなけがをする中、五輪フィギュア男子で66年ぶりの連覇を果たした。首相は「大変な困難を乗り越え、(連覇を)達成されたことは国民に感動と勇気、社会に明るい夢と希望を与え、震災復興への力強いメッセージになった」とたたえた。

 羽生選手は表彰式の後、「国民栄誉賞に恥じないようなスケートを全力でしていくことが大事。期待に応えられるだけの努力、技術、芸術を持っていなくてはいけないので、さらに身を引き締めて頑張っていきたい」と記者団に語った。

 羽生選手には、吉野正芳復興相から被災地支援に対する特別感謝状も贈られた。