[PR]

 2020年の東京五輪自転車ロードレースのコースになり、自転車フランス代表の事前合宿地に決まった山梨県山中湖村が2日、元自転車プロ選手でフランス人のボシス・トムさん(24)を村の観光課職員兼国際交流員として採用し、高村文教村長が辞令を交付した。

 東京五輪では武蔵野の森公園(東京都調布市)をスタートし、富士スピードウェイ(静岡県小山町)にゴールするレースが山中湖畔を走る。村は2月、フランス自転車競技連盟と事前合宿地としての基本協定も締結した。フランスとの文化交流を推進するための人材を探し、白羽の矢が立ったのが4月までプロ自転車チーム(東京ヴェントス)で選手兼指導者だったトムさん。日本語や英語、スペイン語も堪能だ。

 トムさんはジャパンプロツアーの総合ランキングで、個人としてもチームとしても上位にランクされる実力者だった。しかし、落車で右手を骨折し、回復に時間がかかるためプロの世界を断念したという。

 辞令交付後の記者会見で、トム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら