[PR]

 平昌(ピョンチャン)冬季五輪のフィギュアスケート男子で優勝し、66年ぶりの連覇を果たした羽生結弦(はにゅうゆづる)選手(23)が2日、首相官邸であった国民栄誉賞の表彰式に出席後、記者団の取材に応じた。受賞者には本人の希望を踏まえた記念品が贈られるのが恒例だが、「皆さまとともに取れた賞という気持ちがあり、僕個人の気持ちを出したくないという意味でも記念品は辞退させていただいた」と説明した。

 受賞については、「皆さんが応援してくださり、受け取ることができた。国民栄誉賞に恥じないようなスケートをしていくことが大事だと思っている」と語った。仙台市出身の羽生選手は東日本大震災にも言及し、「被災地の方々の力になれればという思いでいる。国民栄誉賞をいただいたことが希望を抱くきっかけになり、自分を通じて皆さまの心が一つになるような存在になっていきたい」と述べた。

 さらに2022年の北京冬季五輪への出場について聞かれると、「特に考えていません。いまは、スケートを通じて磨いていきたいこと、成長していきたいことを納得できるようにしたいと思っている」と笑顔で答えた。

 羽生氏は羽織はかま姿で表彰式に出席。はかまは、江戸時代に仙台藩が職人に作らせ始めたという織物「仙台平(ひら)」を身に付けた。(太田成美)

こんなニュースも