[PR]

 トイレで履く、通称「便所サンダル」がスタイリッシュに生まれ変わり人気を呼んでいる。その名も「BENSAN(ベンサン)」。4月末の発売から、国内30店舗で約7千足を販売。パリで開かれた展示会にも初出展した。

 企画したのは奈良県大和高田市を拠点に活動する奈良県産に特化したアパレルブランド「bench(ベンチ)」のディレクター藤澤豊生(ほうせい)さん。

 きっかけは、スタイリングで携わった夏物のアパレル撮影。モデルにちょっと変わったサンダルを履かせたいと考えた時に浮かんだのが便所サンダルだった。藤澤さんも何足か愛用していたが、「積極的に街に履いていこうと思わなかった」という。しかし、トイレで使う先入観を捨ててみると、ポリ塩化ビニール製なのに牛革の表面のような質感と、まるで縫製したような糸目が再現され、軽くて耐久性・抗菌性に優れ、欠点が見つからない。

 調べると、ゴム製サンダルの工場が集中しているのが奈良だった。地元で便所サンダルを約40年にわたり製造する老舗「ニシベケミカル」に話を持ちかけた。

 デザインのヒントは紳士靴から得た。甲部分を革製のキルトで覆い、飾り房のタッセルを付けた。デザインは全5種類、4色を用意。価格は3千~7千円と高めだが、おしゃれなのに便所サンダルというギャップが受けたという。ファッションを仕事にする人やアパレル店員のSNSから火が付き、便所サンダルになじみのない若い人たちへも広がっていった。6月末にパリで開かれた展示会では「品質の良いメイド・イン・ジャパンでも、値段は安い」と好感触だった。

 奈良は下請け工場が多く、優れた技術を持った会社でも名前が知られていないという。藤澤さんは「まだ注目されていない産業を見つけて、面白いものを作りたい。今後も、奈良のものづくりの良さを伝える役に立てれば」と話す。(遠藤真梨)