テレビ番組「笑点」の顔として長く親しまれた落語家で、長編怪談噺(ばなし)の復活を手掛けた落語芸術協会会長の桂歌丸(かつら・うたまる、本名椎名巌〈しいな・いわお〉)さんが2日午前11時43分、慢性閉塞(へいそく)性肺疾患のため、横浜市内の病院で死去した。81歳だった。通夜、葬儀は近親者で営み、11日午後2時、横浜市港北区菊名2の1の5の妙蓮寺で椎名家・落語芸術協会合同のお別れ会を開く。喪主は妻冨士子さん。

 1936年、横浜市生まれ。51年に五代目古今亭今輔に入門、今児を名乗った。兄弟子の四代目桂米丸の門下に移り、米坊を経て歌丸。68年、真打ちに昇進した。

 「笑点」は66年の放送開始から大喜利の回答者として出演。三遊亭小円遊との「ハゲ」「キザ」といった激しい掛け合いや、社会風刺を利かせた回答で幅広い人気を得た。五代目三遊亭円楽の降板後、司会者を務めた。

 新作から古典に軸足を移し、折り目正しい口調でわかりやすい高座を演じた。演じ手のいなくなった落語を掘り起こし、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「牡丹灯籠(ぼたんどうろう)」など、三遊亭円朝作の怪談噺を数時間に及ぶ通しで口演したほか、「おすわどん」「いが栗」などの滑稽噺も数多く再生させた。

 04年に落語芸術協会の会長に就任。89年に芸術祭賞、05年に芸術選奨文部科学大臣賞、07年に旭日小綬章。