集合住宅で女性が死亡 首にひも、手書きメモ残す 大阪

[PR]

 2日午前10時40分ごろ、大阪府和泉市黒鳥町3丁目の集合住宅の一室から、「布団で人が死んでいる」との110番通報があった。大阪府警によると、この部屋に住む職業不詳の女性(40)で、その場で死亡が確認された。首にはひもが巻かれ、絞められた際にできる痕もあったという。府警は司法解剖を実施し、死因を調べる。

 和泉署によると、女性は一人暮らし。連絡が取れないのを不審に思った兄が訪ねたところ、洋室の布団の上で仰向けに倒れているのを見つけた。着衣に乱れはなく、室内に争った形跡もなかった。捜査関係者によると、室内から手書きのメモも見つかったという。女性は6月中旬、和泉署にDV(家庭内暴力)の相談に訪れ、過去にも複数回相談していたという。

 現場はJR和泉府中駅から東に約1・6キロの住宅街。