【動画】「恐竜王国」福井。観光だけでなく、最先端の研究も=佐藤岳史撮影
[PR]

 6月中旬、「時紀行」の取材で「恐竜王国」福井県への旅に出た。福井駅に着くやいなや、白衣を着た恐竜博士の像が、私たちを待っていたかのようにホームのベンチに腰掛けていた。元恐竜少年の私は胸が高鳴る。

 駅から出ると「恐竜広場」があり、勝山市で生息していたフクイラプトル、フクイサウルス、フクイティタンの3体が、実物大で動くモニュメントになっていた。

 中核施設は、県立恐竜博物館が「恐竜王国」。そこに行く道中では、橋の近くや郵便局のポストなど、いたるところに恐竜の模型やデザインがあり、県をあげて雰囲気を高めようとしているのがよくわかる。

 県立恐竜博物館に着いた。取材は2回目。今回の目玉は発掘現場近くにある体験施設「野外恐竜博物館」だ。これまで福井県では5体の新種の恐竜が発掘されているが、すべて体験施設のすぐ近くにある約1億2千万年前の地層で見つかっている。

 体験施設には地層から切り出さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース