[PR]

 ブームだった2000年代をピークに下落傾向にある焼酎の国内需要。そんな状況を打開しようと、宮崎市の小さな酒蔵が9月、米国に進出する。全米の高級ホテルやバーで人気というスピリッツ(蒸留酒)の世界に、焼酎で風穴をあけるのが狙いだ。

 進出の準備を進めているのは落合酒造場。主力は芋焼酎だが、米国限定でショウガを原料にした高級焼酎「利平(りへい)」を発売する。

 「夢は、映画『007』の主人公ジェームズ・ボンドのような客が、バーで『ほしいのはウイスキーじゃない。ショウチュウだ』と注文する世界」

 そう話す落合亮平さん(40)…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら