人気番組「笑点」に1966年の開始以来出演し、五代目の司会も務めた桂歌丸さん。その死去について、番組を制作する日本テレビの福田博之編成局長と、笑点担当の福田一寛プロデューサーがコメントを出した。

 福田編成局長は「司会者と回答者の距離をぐっと近づけた、いまの“大喜利”のスタイルは歌丸師匠がつくられたものです。勇退後も“終身名誉司会”として『笑点』を支えていただきました。長い間本当にありがとうございました。安らかにお休みください」。

 福田プロデューサーは「桂歌丸師匠には、放送開始から50年以上にわたって番組を支え続けていただきました。回答者としての40年間、司会者としての10年間、その存在はまさに『ミスター笑点』と呼ぶにふさわしい番組の大功労者であり、感謝の念に堪えません。心よりお悔やみ申し上げます」。