[PR]

 利尻島に上陸したヒグマが6月22、27日の夜中、林野庁が島南西部の国有林内に設置した固定カメラで撮影された。初めて撮影された6月15日深夜も同じ国有林内だった。

 林野庁がカメラを設置しているのは利尻町仙法志地区の国有林内(政泊林道)で、今回は4台のうち、2台が22日午後10時11分と23分、別の2台が27日午前0時10分と59分に撮影した。今月2日にカメラからデータを回収して確認した。

 島北部でも足跡やフンが確認されており、ヒグマは活発に島内を歩いているようだ。目撃情報はなく、今のところ人目を避けて夜中を中心に行動しているとみられる。(奈良山雅俊)