[PR]

 長崎県佐世保市の職員、新谷亜貴子さん(36)の小説を映画化した「ゆずりは」の全国上映が始まり、新谷さんが同市の映画館シネマボックス太陽で舞台あいさつをした。「生まれ育った佐世保のみなさんに見てもらえるのがうれしい」と話した。

 同名の原作小説(2013年出版)は、葬儀社を舞台に、妻に自殺されたベテランの営業部長と、軽薄そうに見えながら繊細な心をもつ若手社員とのやりとりを中心に、さまざまな死との出会いが、オムニバス形式で展開される。

 6月30日、舞台あいさつに立った新谷さんは命をテーマに書こうと考え、若葉が出ると前年の葉が譲るように散るユズリハをタイトルにしたことや、葬儀社への取材はあえてせず、自身の中で想像を膨らませたことを振り返った。

 一方、一緒に登壇した出演俳優…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら