[PR]

 長野県御代田町の空き地に止めた車内に遺体を遺棄したとして、長野県警佐久署は2日夜、住居不定の無職倉島徹也容疑者(52)を死体遺棄容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

 署によると、倉島容疑者は2日正午ごろ、同町馬瀬口の空き地に駐車した乗用車内に遺体を遺棄した疑いがある。遺体は白骨化が進み、性別や身元は不明だが、成人とみられる。倉島容疑者は親族と説明しているという。

 同日午前、「不審な車がある」との通報を受けて署員が駆けつけ、車内にいた倉島容疑者に職務質問した際、後部座席に遺体があるのを見つけた。

 現場は道路に面した整地された空き地で、周囲には住宅や田畑が点在する。