[PR]

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会で、ベルギーに惜敗した日本について、中南米のメディアは健闘したと評価した。

 日本が勝てば準々決勝で対戦するはずだったブラジルのオンラインメディア「UOL」は「日本は、多くの人が想像した以上に技術的にも、戦略的にも優れていた。マークが良く、ルカクらを防いだ。カウンター攻撃が速く、ベルギーに勝つ寸前まで行った」とたたえた。

 1次リーグで日本に敗れたコロンビアのティエンポ紙は、日本の2ゴールについて「原口と乾の素晴らしいゴール」と評価した。(メキシコ市=岡田玄)