[PR]

 津市の障害者施設で、複数の職員が知的障害があるデイサービスの利用者に対し、暴言を浴びせるなどの虐待をしていたことが施設を運営する団体への取材で分かった。三重県は複数回にわたって身体的・精神的虐待があったと判断し、障害者総合支援法に基づき、運営する団体に再発防止を求めた。施設は2日夜、利用者の家族らへの説明会を開き、問題の経緯などを説明し、謝罪したという。

 施設は、津市のNPO法人「おもいやり介護の会つくしんぼ」が、津市一志町庄村で運営する「つくしんぼの家一志」。自閉症などの利用者がデイサービスに訪れており、県によると、今年2月までに複数の利用者に対し複数回の虐待が確認された。けがはなかった。団体側は虐待を受けた利用者は20代の男女で、虐待を行ったのは30代と40代の女性職員と明かした。

 団体などによると、男性利用者に対しては「うそつき」「泥棒」などと繰り返し、暴言を吐いた。女性利用者に対しては「エステしたろちゅうとんのやんか。このあごの肉を」などと言ってあごを執拗(しつよう)に触るなど、身体的な特徴を揶揄(やゆ)するような行為をした。

 施設の元職員からの情報提供を受け、津市が障害者虐待防止法に基づき施設側に聞き取り調査を行い、虐待を確認。4月に県に報告した。県によると、団体は6月に文書で再発防止策を報告したが、具体的な取り組み内容が不十分だったため、今後対応を求めるとしている。

 NPO法人の島崎晴子代表は2日、取材に対し、「利用者をいじめるつもりはなかったが、無意識な虐待行為だったと思う。改めていきたい」と話した。虐待行為があった職員らは勤務を続けているという。施設長の男性は「長年の利用者なので、配慮が足りなかったかもしれない。非常に申し訳ない」と話した。(三浦惇平、村井隼人、高木文子)

告発の元職員「虐待は日常的」

 津市の障害者施設で、複数の職…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら