[PR]

 名古屋市中区で長年、「ごみ屋敷」として問題になっていた住宅があり、名古屋地裁が3日、強制執行による物品の撤去を始めた。住宅の所有者が住人の男性(62)を訴え、同地裁が男性に住宅の明け渡しを命じたが、応じなかったためという。

 3日朝から、同地裁の委託を受けた業者が、敷地やその周辺に山積みにされた空き缶や段ボールなどを次々と運び出した。住宅は、ほかの民家や病院、商店が立ち並ぶ一角にあり、鉄筋コンクリートの3階建て。長年、男性が集めた物品が歩道にあふれ、住民らが苦情を訴えていた。

 裁判資料などによると、住宅の所有者が、親族でもある男性に無償で住宅を貸していた。しかし、男性が集めた物品が周辺に悪影響を与えているとして、住宅を明け渡すよう求めて提訴。今年1月、男性に明け渡しを命じる判決が出た。

 強制執行を受けて、男性は「裁判所の決定なので仕方がない」と話した。地区の町内会長(65)は「火事や交通事故が心配だった」と、ほっとした様子をみせた。(鈴木春香、仲程雄平)