[PR]

 車を手軽に共同利用するカーシェアリングが広がっている。最大手のタイムズ24は3日、カーシェア「タイムズカープラス」の会員数が100万人を突破したと発表した。車を所有から共有しようとする消費者の変化を受けて利用者は右肩上がり。大手自動車メーカーも力を入れ始めている。

 「カーシェアは成長市場。車両数、会員数を着実に増やしたい」。都内であったタイムズの記念式典で、カーシェアを担当する斎藤章事業部長は力を込めた。タイムズがカーシェアに参入したのは2009年。その後、本業の貸し駐車場が全国に1万7千カ所ある強みを生かして会員数を増やし、10年足らずで大台を突破した。

 4月にはトヨタ自動車との提携を発表。一部の車両に通信機器を載せ、車両位置や加減速などの情報を収集し、さらなるサービス向上を図る。20年までに現在約2万2千台の車両数を3万台にする計画で、会員数は150万人に達する見込みという。

 カーシェアの売りは「手軽さ」。レンタカーのように店頭での手続きがなく、スマートフォンなどネットですぐに予約できる。料金は最短15分で約200円から。燃料費込みの料金設定が多く、タイムズの場合、専用のカードで燃料を補給すると、15分の利用分が無料になるサービスがある。

 都市部を中心に車離れも進み、交通エコロジー・モビリティ財団によると、タイムズを含めた国内のカーシェア会員は3月時点で、前年比21・6%増の132万794人。車両も前年比19・4%増の2万9208台と増加傾向が続く。

 タイムズに次ぐ会員数20万人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら