[PR]

(2日、ベルギー3―2日本 サッカー・ワールドカップ)

 互角に渡り合っていたかに見えたが、日本とベルギーとは埋めがたい差があった。

 それは、潮目を変える切り札の存在と、冷静な戦術眼だ。

 劣勢の前半を耐え、後半の立ち上がりに日本は2点のリードを奪った。DF長友はいう。「一瞬、(8強へ)夢を見た」

 その思いを打ち砕いたのは、後半20分のベルギーの選手交代。身長190センチ前後の2選手を同時に投入し、クロスボールで攻め立てられた。

 日本の弱点は、高さへの対応とセットプレーの守り。ゴール前にしつこくクロスボールを放り込むベルギーの圧力に、長友は「点を取られるんじゃないかと怖さを感じた」。CKに逃げることが増え、弱みをさらけ出した。

 後半24分の1失点目は、189センチのフェルトンゲンが中へ送った球がそのままゴールに。不運もあるが、きっかけはMF乾がCKのこぼれ球をクリアミスしたことだった。同29分には、途中出場した194センチのフェライニに頭でたたき込まれ、同点に。これもCKのこぼれ球を拾われて、クロスを許した。

 思い切った交代策で流れを握ったベルギーとは対照的に、日本は相手を追い詰める一手が打てなかった。

 ベルギーの最終ラインの動きは緩慢で、後半、乾や原口の両サイドのMFがドリブルなどでチャンスを作った。だが、前半から攻守に走り回った2人は、時間とともにガス欠に。それを分かっていながらも、もう一段ギアを上げる攻め手もなかった。ベンチで試合を見守ったFW岡崎がいう。「自分も含め、控えの選手が切り札になれなかった」

 つかめそうで、すり抜けた8強入り。DF吉田は「良い試合をした、と美談で終わらせてはいけない。世界に通用するよう、取り組んでいかないと」。世界との差は、小さいようでいて、まだまだ大きかった。(藤木健