[PR]

 従業員が高齢化し、職場で転倒するケースが増えてきた。愛知労働局管内では2017年に1524件の転倒災害が発生し、労災に占める割合が過去最多の22%超に達した。60代以上が4割を占め、男性よりも女性が多いのが特徴だ。

 休業4日以上の転倒災害は13年(1361件)から1割増えた。業種別では、商業が336件で最も多く、次いで製造業が327件、保健衛生業が166件だった。休業した日数は60日未満が1127件、60日以上が395件だった。

 対策を徹底しているのが、衣料用ナイロン繊維などをつくる東レの愛知工場(名古屋市西区)だ。「手摺(てすり)ヨシ!」。工場内の階段に注意喚起の表示を掲げている。階段を使う時は手すりをつかむのがルール。書類を見ながら歩くのは禁止で、階段脇には書類やノートパソコンをいれる手提げ袋が置かれている。携帯電話で話しながらの歩行も厳禁。同社環境保安課の吉竹彰さんは「無災害を続けてまもなく10年。日常生活で当たり前にしていることも工場内では(安全のために)禁止している。繰り返しすり込んで意識を変えていくしかない」と話す。(細見るい)