[PR]

 「さぶ」や「樅(もみ)ノ木は残った」など、無実の罪や貧困などで辛酸をなめながらも懸命に生きる人々に光をあてた歴史小説の大家、山本周五郎(1903~67)が戦時中に書いた未発表の小説が見つかった。「死處(ししょ)」と題された短編で、「命は惜しい」と言う戦国武士を描き、戦時の風潮と距離を置く姿勢がうかがえる。13日発売の「戦国武士道物語 死處」(講談社文庫)に収録される。

 「死處」は山本周五郎の名入りの200字詰め原稿用紙に書かれている。欄外に雑誌「冨士」の印と昭和16年(1941年)10月25日の日付がある。「中一彌畫」とあり、人気挿絵家の中氏とのコンビが決まっていたようだ。赤鉛筆の校正も入っており、翌年1月号の掲載予定だったらしい。

 講談社文庫出版部の柴崎淑郎副部長によると、「冨士」は30万部超を誇ったが、戦時中の紙不足で休刊。「死處」はお蔵入りに。当時は原稿を返す習慣がなく、同社の資料室に保管されていた。

 「死處」の主人公は徳川家康の家臣で、武田信玄との戦を前に誰もが先陣を切りたがるなか、留守城の守りを買って出る。理由を問い詰める息子に、「人間のはたらきには名と実がある」と語り、命を惜しむことの大切さを説き、虚名に惑わされるなと諭す。しかし、最後は味方を守るために討ち死にする。

 山本は「死處」の半年後、似た設定の「城を守る者」(同文庫所収)を別の雑誌に発表。上杉謙信の家来が悪評に甘んじて守備に徹し、死者も出ない。文芸評論家の末國善己さんは「両作とも、生きて守るという方向性。戦地で死ぬのが誉れという時代に、命を惜しむ物語を書くのは勇気がいること。客観的に、熱狂してはいけないと伝えようとしたのだろう。偉い人が嫌いで、歴史的に評価が低い人を再評価する態度も山本周五郎らしい。その路線は藤沢周平に引き継がれた」と話す。(編集委員・吉村千彰