[PR]

タピオカミルクティー@台湾

 台湾では7月に入って、最高気温が30度以上の真夏日が続いている。取材を終えて一息つきたいとき、立ち寄るのが街角の「お茶スタンド」だ。ウーロン茶、ジャスミン茶、ハーブ茶、それぞれにミルクやレモンなどを加えたものなど、種類も豊富で迷う。

 店内に掲げた「人気商品リスト」に決まって入っているのがタピオカミルクティーだ。中国語で「珍珠奶茶」と書く。甘いミルクティーに入ったゼリー状のタピオカの粒々が真珠のように見えることから名付けられた。一杯50台湾ドル(180円)前後。いまや台湾を代表する飲み物と言える。

 いつから、どのように広まった…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース