[PR]

 2020年東京五輪・パラリンピックのチケット価格を話し合う大会組織委員会の有識者会議が3日、東京都内で開かれ、子どもや高齢者、障害者を含むグループ向けに1人2020円の企画チケットを販売することを決めた。競技の予選や1次リーグを中心に適用する方針。パラリンピックは更に安価になる可能性があるという。開催年にちなんだチケットは12年ロンドン五輪でも販売された。

 「2020円券」の販売枚数など詳細は未定だが、会議の座長を務めた加納貞彦・早大名誉教授は「家族や友達のグループで気軽にいけるよう、割安なチケットを用意する」と話した。組織委は五輪の一般販売用の価格について最高額が開会式の30万円、最低額が2千円とする案を固めている。今月の国際オリンピック委員会理事会で諮り、20日に概要を発表する。