[PR]

 福岡市中央区で有名ブロガーが刺殺された事件で、殺人容疑などで逮捕された松本英光容疑者(42)=福岡市東区=が、交番に出頭する直前にネットに投稿された「犯行声明」について、「自分が投稿した」と話していることが、関係者への取材でわかった。投稿は、「俺を『低能先生です』の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ」などと書かれていた。

 関係者によると、松本容疑者は自身がネット上で「低能先生」と呼ばれていたことを知っていたという。殺されたインターネットセキュリティー関連会社員、岡本顕一郎さん(41)は「Hagex」の名前で人気ブログを書いており、今年5月には、複数の人に対してネット上で誹謗(ひぼう)中傷を繰り返す「低能先生」と呼ばれる人物への批判を書き込んでいた。また、低能先生とみられる書き込みについても、サイトの運営者側に通報していた。松本容疑者は、2~3年前にネットで「Hagex」の存在を知ったと話しているという。

 捜査関係者によると、松本容疑者は逮捕後、福岡県警の調べに対し、「ネット上(のやりとり)で恨んでいた」と供述。松本容疑者は岡本さんの本名を知らず、直接会ったこともなかったと説明しているという。

 県警は、岡本さんが講師を務めるIT関係セミナーの開催を知った松本容疑者が、事前に会場の起業家支援施設(福岡市中央区)を下見し、開催当日に外見の特徴から「Hagex」である岡本さんを確認したとみている。(合田純奈)